友人を橋から突き落とし刑務所行き、肋骨6本折る大けが

友人を橋から突き落とし刑務所行き、肋骨6本折る大けが

60フィート(18.29m)の高さがある橋から友人を突き飛ばし、19代の少女が逮捕された。弁護士は、裁判所が「懲役は課さない」という選択肢を取ると考えていたが、そう甘くはなかった。検事は懲役を課すべきではないと主張したが、裁判官は首を振った。少女は裁判所で2日間の懲役を言い渡され、その後手錠をかけられ連れて行かれた。少女は涙を浮かべていた。被害者は「彼女はきっと感情的になっていたのだと思う」と述べる。(編集/佐藤)
(出典:https://youtu.be/t6aN6DA-LbE)

funnyasia広告

世界カテゴリの最新記事