本物のイチョウの葉を落として偽の葉をつける、意外にも肯定的な意見が多数

本物のイチョウの葉を落として偽の葉をつける、意外にも肯定的な意見が多数

河南省鄭州市の商業施設がイチョウの木から葉を取り除き、偽の葉に変えていたことが分かった。

商業施設の前の路上にはイチョウの木が8本あり、緑色の葉を付けていた。清掃員によると、葉はまだ枯れておらず、落ち葉も少なかったが、偽の黄色の葉に取り替えられてしまったという。商業施設のスタッフは「偽の葉の方が見た目がいいため」と話している。

中国のネットユーザーからは「偽物だらけ」「人をだますのが得意だな。あきれた」「それなら本物の木を植える必要はない。木ごと偽物にすればいい」などの声が聞かれた。一方で、「他の場所でもやってるよ」「やり方の是非はおいといて、たしかに偽の葉の方がきれいだ」「掃除も楽になる」と肯定的な意見も多かった。(翻訳・編集/藤井)

(出典:https://youtu.be/Xc5cGkz81VI)

報道カテゴリの最新記事