道をきれいにすべき清掃員が花びらを落としまくる切実な事情とは

道をきれいにすべき清掃員が花びらを落としまくる切実な事情とは

河南省鄭州市で清掃員がほうきで街路樹を叩き、花びらを地面に落としていた。掃除をするはずの清掃員がなぜ自ら道路を汚しているのか?話を聞くと、切実な事情があった。

当局の規定で、地面にたくさんごみが落ちていると証拠として写真を撮られ、100元(約1500円)の罰金が発生するという。しかし、清掃員の日給は70~80元(約1050~1200円)のため、罰金を取られると生活が成り立たなくなるのだ。花びらはひっきりなしに落ちてくるので清掃が追いつかず、これまでに何人も辞職しているという。(翻訳・編集/藤井)
(出典:https://youtu.be/mcrZMWNzq88)

報道カテゴリの最新記事