落ちていたごみを拾ったら450万円も入っていた!監視カメラで真相判明

落ちていたごみを拾ったら450万円も入っていた!監視カメラで真相判明

山東省菏沢市のある会社の保衛科職員が会社の門の前に緑色の袋が落ちているのを発見した。ごみかと思い拾い上げると、なにやら様子がおかしい。開けてみると、紙幣と硬貨がぎっしり30万元(約450万円)ほども入っていた。

警備室に持っていくと、落とし物をしたという女性がちょうど訪ねていた。会社のお金を原付バイクの足元に置いて運んでいたが、銀行についた時になくなっていることに気がついたという。

監視カメラを確認したところ、門を通った時に段差で原付バイクから緑の袋が落ちていた。女性は「一銭もなくなっていないなんて、良い人に拾われて本当に助かりました」としきりに感謝の言葉を述べ、お礼をしたいと申し出たが、拾った女性はこれを丁重に断ったという。(翻訳・編集/藤井)
(出典:https://youtu.be/qeMqkt3JKhg)

funnyasia広告

報道カテゴリの最新記事