消したはずのたばこから煙が…!5歳の娘が冷静にコップの水で消す

消したはずのたばこから煙が…!5歳の娘が冷静にコップの水で消す

湖北省恩施市である父親がたばこを吸っている時に携帯電話が鳴り、たばこの火を灰皿で消して部屋から出ていった。火はきちんと消えておらず、数分後に灰皿から煙が上がり始めた。部屋で遊んでいた5歳の娘がそれに気づき、コップの水を持ってきて灰皿にかけ、たばこの火を消した。

中国ネットユーザーからは「こんなに小さいのにすごい!」「しっかりしている」と称賛の声が上がっている。母親によると、消防の宣伝漫画が好きでよく読んでおり、消防の知識があったという。(翻訳・編集/藤井)
(出典:https://youtu.be/p9apC0J-l7w)

funnyasia広告

報道カテゴリの最新記事