乗客ヒヤヒヤ、中国のバス運転手が走行中に電話をかけまくる

乗客ヒヤヒヤ、中国のバス運転手が走行中に電話をかけまくる

2018年10月24日、中国の河南省洛陽市で、バスの運転手が運転中に電話を何度もかける場面が目撃され、乗客からは苦言も聞かれている。中国の動画サイト・梨視頻が伝えた。

映像では、片手でバスの大きなハンドルを操作する一方で、携帯電話を操作し電話する運転手の姿が映っている。さらに、携帯電話の画面を見るために頭を下げたり、携帯電話の操作でハンドルから両手を放したりと運転手の危険な行為が記録されている。

実際にバスに乗った男性は当時の様子について、「運転手は30分の間に7、8件の電話をかけ、交通量が多かったため危険だと感じた。以前も同じようなことがあり運転手を注意したことがあるが、聞く耳を持たず横柄な人もいたため、今回は注意しなかった」と語っている。中国では同様の案件で罰則を受けることも多々あるが、10月5日は陝西省漢中市でバスの運転手が運転中に携帯電話を操作し、同月8日には広東省汕尾市で携帯電話を操作しながらバスを運転する運転手の姿が目撃されるなど、同様の危険行為が続発している。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=G9QU7i4VBQU)

funnyasia広告

報道カテゴリの最新記事