豪雨で冠水の中国・大連、歩行者が突然倒れ感電死の悲劇も

豪雨で冠水の中国・大連、歩行者が突然倒れ感電死の悲劇も

2018年8月20日、中国の遼寧省大連市は豪雨に見舞われ、空港や道路など多くの場所が冠水した。さらに、冠水した歩道を歩いていた男性が突然倒れ、感電死するという痛ましい事故も発生した。澎湃新聞網が伝えた。

事故が起きたのは同日の午前9時(日本時間午前10時)ごろで、歩行者の多くはズボンをまくり上げ歩道を歩いており、その中の1人が突然立ち止まりその場に倒れ込んでしまう。現地の警察によると、電力関連部門の初動調査で、街灯からの漏電である可能性が高いことが分かっている。関連部門は現在詳しい原因を含め対応を進めている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pomyFqEsUIs)

funnyasia広告

報道カテゴリの最新記事