バスで暴れる中国の老人、運転手にフックとボディブロー

バスで暴れる中国の老人、運転手にフックとボディブロー

2018年7月8日、中国の福建省ショウ州市(ショウ=さんずいに章)で同日、路線バス車内で注意された年配男性が運転手に暴行を加える事件が発生した。10日付で澎湃新聞網が伝えた。

年配男性はバス乗車後、料金を前払いした後乗車口のそばに立っていた。他の乗客の乗車の妨げとなるため、運転手は後ろに行くよう促したが、男性は運転手に詰め寄り、注意したと思われる乗客の席まで行き強く押すなど険悪なムードに。

その後一度は席に着いた男性だったが、運転手が警察に通報していることに気が付き、運転手の顔や腹部を何度も激しく殴り続けた。途中で止めに入った乗客を乗車口から追い出す場面もあった。その後現場に到着した警官が男性を連行し、現在対応を進めている。

ネットでは「運転手の対応に問題があったのでは?男性はお金をポケットに入れるとすぐに運転手に詰め寄っている。つまり、お金をしまう前に後ろに行くよう催促されたのだと思う。もう少し待ってあげてもいいと思う」と運転手の対応に疑義を抱く声がある一方で、「素養がどれだけ大事かよくわかった」「悪人が歳を取るとこうなる」と男性を批判する声が大半を占めている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=4or7m2Zbx1I)

funnyasia広告

報道カテゴリの最新記事