人の命を救うため“わざと”事故、韓国で称賛の声相次ぐ

人の命を救うため“わざと”事故、韓国で称賛の声相次ぐ

2018年5月16日、韓国のネット上に“善意の事故”を起こした運転手の映像が公開され、賛辞の声が相次いでいる。

韓国・国民日報によると、韓国のネット上に15日、取り締まりを避けるため警察官を引きずりながら走行する車の進路を妨害した運転手の映像が公開された。映像は今月5日に忠清北道清州市の道路で撮影されたものという。映像では2人の警察官が白い車の運転席のドアを開け、運転手を外に引き出そうとしている。しかし白い車は突然動き出し、警察官1人を引きずった状態で速度を上げ始めた。周りにいた警察官が追いかけて救済しようとするも力不足だった。すると20メートルほど進んだ時、左側から1台の車が飛び出してきて、疾走する白い車の前に止まり進行を妨害した。その後、走ってきた警察官らが白い車の運転手を制圧。この時も協力する市民らの姿が確認できる。

白い車の運転手は警察の調べに対し「無免許運転がばれそうで怖かった」と話しているという。幸い、引きずられた警察官に大きなけがはなかったとのこと。

韓国では12日にも、高速道路で意識を失った人の車にわざと自身の車をぶつけ、大事故を防いだ運転手が大きな話題となっていた。

この映像に、韓国のネットユーザーからは「素晴らしい判断力が貴重な命を救った」「後で生じる不利益のことは考えずに行動した運転手は立派だ。世の中はまだ捨てたものではない」「強い正義感と素早い行動力が韓国の国民性!」など多くの賛辞が送られている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=im8UmMFg7Ck)

funnyasia広告

報道カテゴリの最新記事