女性従業員の服の中に手を突っ込むセクハラ上司、被害者が家族を連れてボコボコに―中国

女性従業員の服の中に手を突っ込むセクハラ上司、被害者が家族を連れてボコボコに―中国

日本の財務省元次官のセクハラ問題は、麻生太郎財務相の発言が問題視されるなど収束していないが、中国ではセクハラに対し鉄拳制裁を行った動画が話題になっている。

映像では女性が男性を激しく殴りつけている場面が映っている。中国メディアによると、殴られているのは黒竜江省ハルビン市依蘭県の村にある中国郵政の支局長で、セクハラにより公安部門から調査を受け保釈中だった。支局長のセクハラに怒りが収まらなかった従業員の女性が家族を連れて上司である支局長を暴行したという。

動画を撮影していたのは女性の父親で、「この男(支局長)は何度も娘を触り、時には服の中に手を差し込んでいた。娘が拒絶すると、仕事を理由に脅してきた。娘は男のセクハラを隠し撮りし、それを警察に提出して調査に至った」と語っている。

報道によると、セクハラ上司は4月25日から保釈状態で、仕事は停職中という。被害者女性は家族を連れて男性を暴行したが、その場にいた郵政支局の職員は、暴行を加えていたのは女性だけで他の人は手を出していなかったと話している。事件は現在も調査中のため、警察からの詳しい説明はなかった。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=bFAaEumw0i8)

funnyasia広告

報道カテゴリの最新記事