疾走する救急車にゾッ!韓国ネットを騒然とさせた映像とは

疾走する救急車にゾッ!韓国ネットを騒然とさせた映像とは

2018年5月9日、韓国で起きた20代の男が救急車を盗み、通行人2人にけがを負わせた事件で、現場の様子を映した映像が公開され、波紋が広がっている。

アジア経済など複数の韓国メディアによると、8日午後5時30分ごろ、忠清南道天安市で20代の男が救急車を盗み逃走した。男は2.2キロ離れた場所まで約10分にわたり運転した後、警察に逮捕された。その過程で通行人の女子高校生2人がけがを負ったという。

事件発生後、韓国のネット上には男が救急車を盗む姿が映った映像が公開された。映像には男が救急車の上に乗ったり、ドアを足で蹴ったり、大声を出すなどして暴れる様子が映っている。その後、男は救急車に乗り込み、人通りの多い道路を速いスピードで走り抜けていった。

男は警察の取り調べに対し「むしゃくしゃしていた。入院したくなかった」などと話しているという。

この映像を見た韓国のネットユーザーからは「ゾッとする」「恐ろしい。死者が出なかったことが不思議なくらい」「厳しい処罰を望む」などの声が寄せられている。

また加害者に対してだけでなく、「市民は傍観して動画を撮影していたの?」「救急車の管理にも問題がある」などと指摘する声も上がり、波紋が広がっている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=TGBhPUa5-vw)

funnyasia広告

報道カテゴリの最新記事