なぜここで日本の歌を歌う?感動的なプロポーズが一転…―中国

なぜここで日本の歌を歌う?感動的なプロポーズが一転…―中国

中国では近年、趣向を凝らしたサプライズなプロポーズが話題になることがあるが、このほど歌でプロポーズした男性が批判される騒動に発展した。

映像では、男性が中島美嘉の「僕が死のうと思ったのは」を熱唱している姿が映っている。男性はバンドのボーカルという一面を持ち、「彼女の存在で自分の人生が色彩豊かになった」という思いを込めこの曲を歌った。その気持ちが伝わったのか、プロポーズは成功した。

本来なら、感動的な話で落ち着くのだが、男性が湖南省長沙市で歌を披露したことで一部のネットユーザーから批判が聞かれた。長沙市は日中戦争において、日中が激しく衝突した長沙会戦が繰り広げられた場所で、「なぜここで日本語の歌を歌う」と反感を露わにする声も聞かれた。一方で、「歌に国境はない。何でもかんでも政治や歴史に結び付けるな」と歌を披露した男性を擁護する声も聞かれている。

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=-WD2SFqm5yg)

報道カテゴリの最新記事