中国の妊婦が4歳児に報復、足を引っかけ頭部損傷

中国の妊婦が4歳児に報復、足を引っかけ頭部損傷

中国の陝西省宝鶏市でこのほど、妊婦が4歳児の足を引っかけ、けがをさせるトラブルが起き、妊婦に批判が集まっている。

トラブルが起きたのは4月19日の夜。映像では、レストランの入り口の近くに座る女性が、スキップしながら店の外に出ようとする男の子の足を引っかけ転倒させる場面が映っている。

中国メディア・華商報によると、当時男の子は父親や家族とともに、レストランの外の席で食事をしていた。食器を取るために男の子が店の中に入った際、入り口に設置している透明のビニールのカーテンが妊婦の体に当たり、料理が少しこぼれてしまった。それが原因か、戻ってきた男の子の足を引っかけ転倒させた。

男の子は生まれつき心臓に病気があり、驚きの余り一時呼吸が困難になったという。落ち着いた男の子から妊婦が故意に足を引っかけたことを知り母親は問い詰めようとしたが、相手は妊婦で、証拠もなかったため、二言三言でその場を後にしたという。ところが、目撃者から妊婦の行為を聞き店の監視カメラを確認し、家族はすぐに通報した。20日には警察が妊婦の素性を突き止め、双方は警察署で調査を受けその日に和解した。

男の子は転倒により後頭部を強打し、頭部を損傷。19日の夜から容体が悪化し入院して治療を行っていた。幸いにも心臓や脳に大きな影響はないが、23日現在も入院している。男の子の治療費は妊婦側が負担するとしており、双方が話し合いを進めている。ネットでは「男の子の行為にも問題はある」との声が聞かれているものの、多くは妊婦を批判する書き込みで、男の子の母親は妊婦を刺激しないよう呼びかけている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=h5n_KFL41kA)

報道カテゴリの最新記事