手抜き工事の末路?中国の空港の屋根が強風で崩落、ネットで品質を疑う声

手抜き工事の末路?中国の空港の屋根が強風で崩落、ネットで品質を疑う声

2018年3月4日、中国の江西省南昌市にある、南昌昌北国際空港でターミナルビルの屋根の一部が崩落する事故が発生した。

空港の管理会社によると、一時的に秒速30メートルという強風が吹いた影響で、外側の屋根の一部が崩落した。屋根の崩落により近くに止まっていた車両が被害に遭ったが、負傷者は出ていないという。また、一部フライトに影響は出たものの、大きな乱れはなかったと明かしている。

この事故に対し中国のネットでは、「強風?言い訳だ」「怖いのは強風ではない。手抜き工事だ」と空港の建物の品質に問題があると指摘する声が多く聞かれた。一方で「当日の風は確かに強かった」と擁護する声も聞かれてものの、「台風が直撃する沿海部の空港はもっと条件が悪いはずだ」と、天候の問題ではないと反論する声も寄せられた。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=tY1bt2cQhdE)

報道カテゴリの最新記事