猛獣ショーで中国の男性が「マナー悪すぎ」な行為、ショーが中断する騒ぎに

猛獣ショーで中国の男性が「マナー悪すぎ」な行為、ショーが中断する騒ぎに

2017年2月13日、中国の浙江省の動物園で先月、入場料を払わず壁を乗り越えて園内に侵入しようとした男性がトラに襲われ死亡した事故は記憶に新しいが、このほど山東省でトラやライオンを使った猛獣ショーで男性が危険な行為を見せ批判が殺到している。

中国メディアによると、今月8日、山東省浜州市で行われたサーカスでトラやライオンを使った猛獣ショーが披露された際、観客の男性が保護柵を飛び越え、至近距離でショーを撮影した。男性に気が付いたスタッフはすぐに立ち去るよう叫んだが、男性は気に留める様子もなく撮影に没頭していた。

安全面の考慮からスタッフはやむなく猛獣を一旦檻に戻し、ショーが中断する騒ぎになった。これを見ていた他の観客から「危険すぎる」と注意する声があったが、男性は席に戻る際に親指を立てる動作を見せるなど反省の色はなかったという。中国では動物園でトラに襲われ死亡する事故が起きたばかりということもあり、「マナーが悪すぎる」との声が殺到した。
(出典:https://v.qq.com/x/cover/q4se1hk9augiibb/n0373yw822f.html?vid=n0373yw822f)

報道カテゴリの最新記事