中国の動物園でまたも襲撃事故!?シマウマが飼育員かみつき暴れまわる

中国の動物園でまたも襲撃事故!?シマウマが飼育員かみつき暴れまわる

2017年2月1日、中国・浙江省寧波市の動物園で起きたトラの襲撃事故は大きな注目を集めているが、広東省広州市の動物園でも動物による襲撃事故が起きたと話題になった。

1月29日、寧波市の動物園で入場料を払わず、壁を乗り越えて入った男性がトラに襲われて死亡する事故が起きた。昨年7月には北京市のサファリパークで、参観中に車から降りた女性客がトラに襲われ、女性を助けようとした母親が死亡する事故が起きたこともあり注目を集めた。

寧波市のトラ襲撃事故に関連して注目を集めたのが、広州市でのシマウマ襲撃事故。中国メディアによると、広州市にある長隆動物園で先日起きたとネットに動画が公開されたが、園側は、「昨年12月に起きた事故」とし、シマウマにかまれているのは動物園の飼育員で、腕に軽傷を負ったがすでに治療を終え職場に復帰したと説明した。

さらに、「当時飼育員はシマウマをきゅう舎に連れて行く途中だった。頻繁ではないがシマウマが機嫌を損ねることもある」と述べている。その後暴れたシマウマは落ち着き、現在は通常通り他のシマウマと一緒に来園客が観覧できる場所で飼育されているという。ネットでは、「中国の動物園に何が起きている?」「大事に至らなくて何より」「動物の逆襲だな」とさまざまな声が寄せられている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=yZ-Wudj6ef0)

報道カテゴリの最新記事