The world Video

中国の高速鉄道でとんでもない騒動、女性教師が勝手な理由で発車妨害

   

中国・安徽省合肥市の高速鉄道の駅で5日、乗客の女性が発車を妨害するという騒動が発生した。9日付で中国の各メディアが伝えた。

子ども連れの女性客は車両のドアを占領し、閉まるのを妨害。駅員や他の乗客の説得も聞かず、「夫がもうすぐ来るから」とその場から離れようとしなかった。駅員が無理やり下車させようとしても女性は必死に抵抗し、発車を妨害し続けた。

報道によると、女性は発車間際に娘と乗車したが、荷物を持って後ろを歩いていた夫は間に合わず、入り口で止められてしまった。女性は次の便を待ちたくないがために、夫を入場させるよう駅員に要求。最終的に、駅員は夫を入場させ家族3人で乗車した。女性が暴れたために高速鉄道は10分以上の遅れが生じたという。

女性は合肥市の小学校に20年近く勤務する国語教師で、彼女が執筆した論文は全国レベルの賞を受賞したこともあり、安徽省でも数々の賞を受賞した優秀な教師であると勤務する小学校の公式サイトで紹介されている。騒動を知った教育部門は9日に停職処分を女性に言い渡している。さらに、女性は公共の安全を乱したことで、拘留や罰金を科せられる可能性もある。

ネットでは駅員の態度が軟弱すぎるとして、「もっと強い手段を講じるべき」「なぜ乗せた?」と駅員の対応に苦言を呈する書き込みがある一方で、「子どもが見ている前でこんな行動を取ったら、子どもの教育に悪影響を与える」「(女性を)懲戒免職にすべき」と女性を批判する声が多く聞かれた。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZaveOYB-OaA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめキーワード(レコードチャイナ提供)

中国ニュース韓国ニュース中国エンタメ韓流エンタメ