突然舞い落ちた大量の紙幣、男性が点滴瓶を片手に見守る

突然舞い落ちた大量の紙幣、男性が点滴瓶を片手に見守る

山東省済寧市で突然大量の100元(約1600円)札が診療所前の道路に舞い落ちた。ちょうど診療所で点滴を受けていた男性が気付き、友人を通じて警察に通報した。男性は雨の降る中、点滴瓶を手で持ち上げながら道路に立ち、落とし主の損失ができる限り少なく済むようにと、紙幣の散らばる現場を見守り続けた。

その後、警察が駆けつけ、落とし主が判明した。人々の協力により1時間余りで拾い集められ、全ての紙幣が落とし主に返された。(翻訳・編集/多部)
(出典:https://youtu.be/rJvWifO1WZI)

中華カテゴリの最新記事