頭に水筒をのせてバイクを運転、その理由は…

頭に水筒をのせてバイクを運転、その理由は…

安徽省六安市でヘルメットの代わりに頭にお茶を入れた水筒をのせてバイクを運転した男が交通警察に呼び出された。男は「猫背を直すため」と供述した。

「ヘルメットの代わりに頭に水筒をのせてバイクを運転している男がいる」との通報を受けた警察はすぐさま調査に乗り出し、バイクのナンバープレートから男の身元を特定して交番に呼び出した。

男は取り調べに対し、「以前から猫背で、それを直すために頭に水筒をのせて歩く練習を始めた。練習するにつれ、水筒が安定するようになったため、時々頭に水筒をのせてバイクを運転していた」と述べた。この男は去年も同じ違反で警察に処罰されていたが、なぜ再犯したのかという問いには「もはや習慣になり、頭に水筒をのせていないと落ち着かなくなった」と答えた。警察は男に対し指導をした上で、道路安全交通法に基づいて250元(約4000円)の罰金を科した。

この件について、中国のネットユーザーからは「結局猫背は直ったの?」「急ブレーキをかけたら大変なことになる」「ヘルメットをさらに上にのせれば違反にならなかったかも」といったコメントが寄せられた。(翻訳・編集/陳)
(出典:https://youtu.be/dpmk_8Sgn9I)

中華カテゴリの最新記事