駐車場の車に放火する瞬間が捉えられる、あきれた動機とは

駐車場の車に放火する瞬間が捉えられる、あきれた動機とは

江蘇省鎮江市の警察は、団地の地下駐車場に駐車してあった車の運転座席部分の下に火をつけたスポンジを入れて立ち去ったとして61歳の男を逮捕したと明らかにした。幸い、犬の散歩をしていた男性が見つけ、すぐに火のついたスポンジを車体の下から蹴り出し、他の住民を呼んで火を消した。車体下部が損傷していたという。

警察の調べに、男は火をつけた動機を「面白いから」と答えたという。男に対し、放火罪で懲役3年の判決が言い渡された。(翻訳・編集/多部)
(出典:https://youtu.be/brwHIRRQnCU)

中華カテゴリの最新記事