半年振りに戻った大学寮で正体不明の白骨死体を発見!「考古学の現場になった」

半年振りに戻った大学寮で正体不明の白骨死体を発見!「考古学の現場になった」

湖南省張家界市の吉首大学2年生の覃(タン)さんは、新型コロナウイルス流行のため半年ほど寮に戻っていなかったが、授業再開により寮に戻ったところ、寝室で「恐ろしい」光景を見た。寝室の床に正体不明の死体が横たわり、骨しか残っていなかった。覃さんは「ネズミかトカゲのようだが、面白いので撮影した」と語った。死体処理後、寝室を消毒したという。

これを見た中国のネットユーザーから、死体の正体を憶測するさまざまなコメントが寄せられたほか、「飢えてバラバラになり、新学期が考古学の現場になった」と冗談も書き込まれた。(翻訳・編集/多部)
(出典:https://youtu.be/eN8HKZwE72w)

中華カテゴリの最新記事