5才の娘がショッピングモールで感電、露出した鉄の手すり

5才の娘がショッピングモールで感電、露出した鉄の手すり

北京のショッピングモールで6月1日、五才の女児が鉄の手すりに両手で触れて感電しその場で倒れ込んだ。保護者によると、その日はこどもの日で、ショッピングモールには電気で動く風車の展示があったという。風車の外側には鉄の手すりがあり風車を隔離していたが、それがかなりの量の電気をまとっていた。4,5秒触れた後娘は倒れ、大声で泣き始めた。

しかしその周辺に危険を知らせる掲示はなく、分かりづらく危険だと保護者は訴える。医者は、電気の大きさによっては今後の成長過程で心臓に大きな影響を及ぼす可能性があると述べた。後の発表により、鉄手すりの電力は5.3Vであることがわかっている。(編集/佐藤)
(出典:https://youtu.be/4N3rjEyTens)

funnyasia広告

中華カテゴリの最新記事