バス運賃の支払い方法がわからない男性、硬貨投入口にスマホ入れる

バス運賃の支払い方法がわからない男性、硬貨投入口にスマホ入れる

広州でバスに乗った男性がスマートフォンでの決済の仕方がわからず、硬貨投入口にスマートフォンを入れてしまった。

男性は乗車後、スマホを運転席の近くにかざすも、場所が違っていたらしく代金が引き落とされず。「こっちかな…」と別の場所にかざすと、運転士から「違う違う、そこじゃない、その上だよ」とのしぐさ。しばらく探すもそれらしき場所は見当たらない。するとまた運転士が「その上だって!」と箱のあたりを指差している。「なんだ、ここだったのか」とスマホを入れる男性。運転士が慌てるも時すでに遅し。スマホは硬貨投入箱に吸い込まれてしまった。

このバスは硬貨を翌日回収するシステムで、しかもどの箱がどの車両のものかわかる番号などはない。従業員が1時間あまりかけて200個の箱の中身をチェックし、ようやくスマートフォンを発見した。(翻訳・編集/藤井)
(出典:https://youtu.be/PodncT502R4)

funnyasia広告

中華カテゴリの最新記事