中国の観光地で、“孫悟空”と“猪八戒”が観光客と殴り合い

中国の観光地で、“孫悟空”と“猪八戒”が観光客と殴り合い

2019年1月29日、中国の雲南省大理ペー族自治州大理市でこのほど、西遊記の孫悟空と猪八戒に扮して観光客と記念撮影をしていた人物らが観光客と殴り合いをする騒動が発生し話題になっている。

大理市公安局が28日にSNSの公式アカウントで伝えたところによると、騒動が発生したのは今月の26日。記念撮影の料金をめぐってもめ、観光客の男性2人は料金を支払ってその場から去ったが、すぐに戻り孫悟空と猪八戒に扮した人物らに暴行を加え、もみ合いのけんかに発展した。その後通行人に止められ、双方ともに通報はしなかったが、ネットで拡散した動画をもとに警察が調査を行い4人の素性を特定。孫悟空と猪八戒に扮した人物には5~7日間の拘留、観光客の男性2人には10~12日の拘留処分が科せられた。

こうしたトラブルは大理市に限ったことではない。人気キャラクターに扮し、観光地でパフォーマンスを行い記念撮影に応じる人は各地で確認できる。ただ、中には事前説明なく記念撮影に応じ、撮影後に料金を請求するトラブルもたびたび起きている。こうした現状から、ネットでは「事前に料金の説明がなく撮影後に請求されるケースは少なくない。完全にぼったくりであり取り締まってほしい」と悪質なケースが横行していると指摘する声が多く聞かれている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=LscdoXsPnHQ)

funnyasia広告

中華カテゴリの最新記事