中国の高速鉄道でセクハラ行為?男性が通行を妨げ警官殴る

中国の高速鉄道でセクハラ行為?男性が通行を妨げ警官殴る

2018年12月26日、中国の上海発青島行きの高速鉄道列車でこのほど、男性(36)が通路に立ち通行を妨げたほか、喫煙や警官に暴行を働くなどの騒ぎを起こした。中国中央テレビ(CCTV)が伝えた。

騒動は今月21日の現地時間午後9時過ぎに発生。映像では通路に立つ男性の姿が確認でき、ほかの乗客や乗務員が通るのに苦労しているのがわかる。男性はこの状態で通路に約30分間立ち続け、乗務員が注意しても聞く耳を持たなかった。ついには列車に同乗した警官が登場し、男性を食堂車に連れて行き注意を行った。

騒動はこれで収束すると思われたが、ほどなくして男性は食堂車で喫煙を始める。車両内は禁煙のため警官が再び注意するが、男性は意に介さず警官に暴力を加える事態にまで発展した。

その後乗客らの助けもあって男性はおとなしく席に戻り、青島に到着後警官が男性を連行した。当時男性は酒に酔っておらず、病歴もないという。目撃者からは、「女性が通路を行き来する際、男性は体を密着させるそぶりがあった」との声も聞かれており、ネットでは「セクハラ行為」と批判する声も聞かれている。迷惑行為を繰り返した男性は警察から7日間の拘留処分と500元(約8000円)の罰金を言い渡された。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=RYTj73nGOn0)

funnyasia広告

中華カテゴリの最新記事