「変態!」=中国のバスで痴漢騒ぎ、運転手の行動に称賛多数

「変態!」=中国のバスで痴漢騒ぎ、運転手の行動に称賛多数

中国陝西省西安市で12月19日、通勤時間帯のバス車内で痴漢事件が発生した。澎湃新聞網が伝えた。

車内は朝の通勤時間帯で人がぎゅうぎゅう詰めの状態だった。すると突然、「変態!」との声が上がり20代の女性に視線が注がれる。女性は隣にいた男に痴漢行為をされたとして声を上げ、通報すると運転手に告げた。運転手はバスを止め、後ろのドアを開けて乗客を降ろし痴漢したと思われる男の逃亡を阻止した。その際に運転手は男から暴行を加えられ、顔面や耳などから出血するけがを負った。乗客からは「反撃したほうがいい」との声も上がったが、運転手は「それはできない」と毅然と返答し、警察が到着するまで男の前に立ちはだかった。

男は30歳の未婚で、現在西安市のホテルで働いている。痴漢行為について認めており、警察は15日間の拘留処分を科した。運転手は病院で治療を受けたが、大事には至らなかったという。所属する会社は「普段から、暴力を暴力で返さないよう運転手に指導している」と説明し、当該運転手の行動をたたえている。被害女性は体を張って助けてくれた運転手に謝礼を送ろうとしたが、運転手は「気にしなくていい」として断った。所属会社のみならず、ネットでも運転手の対応に対し称賛の声が多く寄せられている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=V5KK_i46eJY)

funnyasia広告

中華カテゴリの最新記事