たばこでインスピレーション?中国の大学の授業風景が物議

たばこでインスピレーション?中国の大学の授業風景が物議

2018年12月11日、中国のネットで「大学教授が授業中に喫煙した」とする動画が広まり物議を醸している。新京報が伝えた。

問題の授業は北京にある「中国伝媒大学」で12月9日に行われ、映像では男性が教壇の椅子に座りたばこを吸っている姿が映っている。授業を受けた学生からは「授業の前に講師は授業中にたばこを吸う習慣があると告げており、特に問題はないと思う」「講師は、たばこを吸うとインスピレーションがわき、より多くの事を伝えられると語っていた。後ろの方に座っていたため特に影響はなかった」との声がある一方で、「たばこの匂いは気になった。私はまだ距離が離れていたから大きな影響はなかったが、近くの学生やたばこの匂いに敏感な人は影響が大きいと思う」との声も聞かれている。

10日には当事者の男性はSNSで「思慮不足だった」とする謝罪文を掲載。ネットでは男性が同大学の客員教授の情報も出回っているが、大学の宣伝部門の職員は、「客員教授ではない。テレビ新聞学部の講座で招いた外部の業界関係者」と説明し、授業中の喫煙は同校の関連の規定に違反しているため、今後この男性を講師として招くことはしないと語った。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=oPwTQDBVba0)

funnyasia広告

中華カテゴリの最新記事