自宅に泥棒、中国の女性が帰宅時にばったり遭遇

自宅に泥棒、中国の女性が帰宅時にばったり遭遇

2018年12月4日、中国の遼寧省本渓市でこのほど、自宅に帰った女性が室内でばったり泥棒に遭遇するという珍事が発生した。その場面を映した映像が3日ごろにネットに掲載され話題になっている。

映像では黒い服を来た男の姿と女性の声を確認できる。事件が発生したのは11月25日。同市のマンションに住む女性が帰宅した際、内鍵がかけられていることに気が付き、夫に電話した。電話がつながって間もなくドアは開くのだが、女性の目の前に立っていたのは夫ではなく見知らぬ男。女性は一瞬自分の家ではないのかと疑ったが、室内を見渡して自宅であると確認した後、目の前の男が泥棒だと確信した。

男はポケットからものを出し何も取っていないことをアピールし、「何もしないから通報はしないでくれ」と懇願。女性の夫は電話越しに「男を逃がせ。通報はそのあとだ」と妻の身の安全を心配するが、女性は好奇心からか「どうやってマンションの中にはいったの?」「なぜ家の中に人がいないことが分かったの?」「なぜ私の家を狙ったの?」と立て続けに質問。このマンションはエレベーターの利用もカードキーが必要だが、泥棒いわくこのマンションのセキュリティは不十分。ドアをノックして人がいないことを確認し、女性が新婚だと思い、祝儀など金銭があるのではないかと思い侵入したという。

男は「もうすぐ正月で、仕方がなかった」と、年を越すための金欲しさにやったと話していた。その後男は女性のカードキーを使ってエレベーターでその場を後にした。男は何度も女性に謝り通報はしないでほしいとお願いしていたが、その後女性の通報により警察に拘束されたという。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=NJNxvlJbgnk)

funnyasia広告

中華カテゴリの最新記事