物を乱雑に置いた子どもを注意した従業員、母親に殴られる

物を乱雑に置いた子どもを注意した従業員、母親に殴られる

中国の広西チワン族自治区欽州市霊山県のスーパーでこのほど、客の女性が従業員に暴行を加える騒動が発生した。

中国の動画サイト・梨視頻が11月6日に掲載した動画には、女性従業員が髪を引っ張られる姿が映っている。店の従業員によると、騒動が起きたのは今月2日。母親に連れられて来店していた女の子は書籍コーナーで本を見ていた。商品を乱雑に置いていたため従業員が注意したところ、母親は子どもがののしられたと勘違いし口論に。従業員は注意しただけと話したが、母親の怒りは収まらず、従業員の髪を引っ張るなどして暴行を加えた。従業員に暴行を加えた後母親は店を後にし、店側は警察に通報しなかったという。

この騒動に関してネットでは、「仮に子どもをののしられたとしても、スーパー側に言うべきである。そうすればスーパーが従業員を処罰する。子どもの前で人を殴るなんて、子どもにどんな影響を与えるのか考えなかったのか?」「“お客様は神様”はサービス提供側がより質の高いサービスを目指すための規範であり、消費者が理不尽な行為をするための口実ではない」と母親に対する厳しい声が大半を占めていた。さらに、「なぜ通報しないんだ?」とスーパー側の対応に不満を示す声も少なくなかった。
(出典:https://v.qq.com/x/page/c07866axgyw.html)

funnyasia広告

中華カテゴリの最新記事