タダのはずだったのに…くじで一等賞の男性、金銭要求され殴り合いに―中国

タダのはずだったのに…くじで一等賞の男性、金銭要求され殴り合いに―中国

中国の湖北省武漢市でこのほど、街中に無料のくじ引き屋が現れ、くじを引いた男性ともめる騒動が発生した。

中国の動画サイト・梨視頻が掲載した動画によると、騒動が起きたのは10月8日。くじ引き屋は「抽選は無料、一等賞はスマホ」として街中に店を出しており、足を止める人も少なくなかった。そんな中で、実際にくじ引きを行った男性は一等賞のスマホを引き当てたのだが、店の関係者から「お金と引き換えにスマホを渡す」と告げられ、お金を払ってスマホを手にした。

だが、男性はすぐに「詐欺に遭ったのでは」との思いが頭をよぎり、返品を要求。これがきっかけで双方がもみ合いとなり、最終的に男子は店の関係者約10人に囲まれ暴力を振るわれた。男性はそれでも引き下がらず警察に通報すると言い出すと、店側は示談を持ち掛け代金を受け取った後男性はその場を後にしたという。

このくじ引き屋に関して周辺住民は、「よく見かける。おそらく詐欺だ」との声が聞かれている。武漢市では数年前から同様の出店が目撃されており、2016年4月には卵型の容器を割り景品を引き当てる店が登場。もちろん景品は無料ではなく、市場価格より大分安い値段と称し金銭を受け取っていた。ただ、実際には市場価格の何倍もの値段を請求しており、警察の取り締まりが入り店は撤去された。くじ引きなどの手法で劣悪品や模造品を正規品と称し高額を請求する案件について地元の警察は市民に注意を促しており、詐欺を行ったグループの摘発も行っているが、被害者の中には通報しない人もいるという。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=UUhmgZLuBoA)

funnyasia広告

中華カテゴリの最新記事