日本のパクリ?台湾の軍人募集CMが「ロト7」の展開にそっくり!

日本のパクリ?台湾の軍人募集CMが「ロト7」の展開にそっくり!

台湾の軍当局が制作した軍人募集CMが日本の「ロト7」のCMにそっくりであると物議をかもしている。

ロト7のCMとは、妻夫木聡、柳葉敏郎らが出演するシリーズ。1作目では、車内で妻夫木聡演じる部下が柳葉敏郎演じる部長にロト7の話をしたところ、部長から「君の夢は金で買えるのか」と言われて衝撃を受ける。この一言に感銘を覚え、部長に敬意を抱いていたところ、宝くじ売り場でロト7を買い求める部長と遭遇してしまうという内容だ。2013年から始まったこのシリーズCMは、5年近くが経過した現在でも続いている。

台湾軍の募集CMは、高校の男子生徒と学級長である女子生徒との会話から始まる。「軍に入ると給料がたくさんもらえる」と話をする男子生徒を、学級長が「あなたは今ごろ将来のことを考え始めたの?」と一蹴。その後、男子生徒が街を歩きながら「さすが学級長、かっこいいなあ」と感心していると、「人材センター」から軍隊関連の資料をもらって出て来た学級長と遭遇してしまう。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=sEHehkEyFHg)

続編も酷似している。ロト7のCMでは、部下がロト7のキャリーオーバーの話を部長にふると、部長は「くだらん」「興味ない」と返答。「でも昨日…」と続けると、「人違いだ」とぴしゃり。しかしその後、2人で取引先と名刺交換をする際、部長は誤ってロト7の記入用紙を差し出してしまう。一方、台湾軍のCMは、男子生徒が学級長に軍の福利の話を持ち出す。学級長は「くだらない。そういう話、私にしなくていいから」と返答。「でも昨日…」と続けると「人違いよ」。そして、学級長が先生に報告書を提出する際、誤って軍人募集の資料を手渡してしまう、というものだ。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=qeu4XBAUH9s)

第3話も内容が似通っている。ロト7のCMでは部長が部下をかばい「すべては私の責任です」と発し、男らしい一面に部下が感動するが、ロト7の記入用紙を差し出したことを追及されると部長は「私ではありません」ときっぱり。一方の台湾軍のCMでも、先生に宿題の未提出をとがめられ、学級長が「一切の責任は私がとります」と勇ましく名乗り出る。ところが、軍人募集の資料について聞かれると、学級長は「初めてみました」ときっぱり言い切る。

台湾のネット掲示板でこのCMが議論となっており「パクっているというレベルでなく、パクりまくっている」「何やってるんだ台湾軍」などのコメントが出ている。ネット上での議論に対して、台湾の軍当局は3月5日に「メディア企業など7社と内容や手法について議論した上で撮影したもの。テーマやキャスト、セリフ、シーン、音楽いずれにおいてもロト7のCMとは異なる。パクリや著作権の侵害という問題は存在しない」とのコメントを出したという。

ただ、この釈明に台湾ネットユーザーの多くは納得していないようで、改めて「確かにパクリだ。間違いない」「日本のパクリは台湾では日常的だから」「民進党当局は日本人になりたがっているから」といった皮肉めいたコメントが出ている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=Lk8Ws8E0KW4)

funnyasia広告

中華カテゴリの最新記事