The world Video

ソウルで最大規模のデモ、警察の放水銃に撃たれた男性が重体に

      2016/02/12

2015年11月14日、韓国ソウルの光化門広場で開かれたデモに参加した60代の男性が、警察の放水銃に撃たれ、意識不明の重体となっている。

14日午後、ソウルで7年ぶりとなる最大規模の集会が開かれ、参加者13万人(主催者推計、警察推算6万4000人)が政府に対し、労働改革や歴史教科書国定化の撤回、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加反対などを求めた。

警察は警官約2万2000人と警察バス700台、「車の壁」20台などを動員して鎮圧に乗り出したが、警察とデモ隊の衝突は徐々に激化。午後6時を過ぎると、警察隊による放水銃や催涙銃の発砲などの強硬対応が開始され、多くの負傷者が発生したという。映像には、2~3メートル離れた距離から放水の直撃を受けた男性が、その場に倒れる様子が映っている。男性は脳出血の症状で病院に運ばれ、現在も重体だという。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=FlSU12Oceik)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加