The world Video

約80年前、日本植民地時代の韓国人はどんな生活をしていた?貴重な映像が公開

      2017/03/30

2017年3月28日、韓国で日本植民地時代の生活の様子がうかがえる貴重な映像が公開され、話題となっている。

韓国映像資料院は同日、試写会を開き、海外から収集した日本植民地時代の記録映像を公開した。映像には日本の侵略の拠点となった全羅北道群山の1930年代の町の様子、20世紀を代表する陶芸家バーナード・リーチが蔚山、慶州、京城を旅しながら撮影した文化遺産と当時の人たちの暮らしの様子、オーストラリア軍情報部で制作された朝鮮解放直後である1945年9月のソウルの風景と連合軍捕虜収容所や日本と米国の降伏文書調印式の様子が映っている。

映像の中に登場する蔚山の五日場(韓国の在来市場、5日に1度開かれる)は現在の蔚山中区文化通りで開かれていた市場で、現在も存在する日本の食品企業「味の素」の看板、陶器売り場、屋台など1930年代の田舎の風景がはっきりと映っている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=NH3S13zqXp8)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加