The world Video

車にひかれた親子、母親の命がけの行動で一命取り留める―中国

   

2017年2月12日、中国・重慶市で6歳の息子を連れ歩いていた女性が車にひかれたが、とっさの行動により命の危険から脱することができネットでは感動したとの声が多く集まっている。銭江晩報が伝えた。

当時親子は散歩の帰りで、バックしてきた乗用車にはねられ鉄柵を破り数メートル下に落下した。動画では、車が後ろ向きに落下し、女性と男の子のすぐそばで仰向けになる場面が映っている。女性は横たわる我が子を守ろうと這うようにして息子に近づき自分の体を覆いかぶせたという。警察によると、女性が落下地点で動かずにいたら車の下敷きになっていた可能性が高く、命の危険もあった。子どもを守ろうとした行動が結果的に命を救うことにつながったという。

警察の調べで、車を運転していたのは30代の女性であると分かり、マニュアル車のクラッチ操作を誤り事故につながったと見て調査を進めている。母親の容体は安定し命に別状はないが、男の子は依然として集中治療室(ICU)で治療を受けており予断を許さない状況が続いている。

当時のことについて母親は「前に停まっていた救急車が息子に気が付かず動き出すのではと思い必死に這った」と語っており、ネットでは事故を起こした運転手に対する批判の声が殺到したほか、「母親の愛は偉大だ」と称賛する声や回復を願う声も多く寄せられている。
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=4Qs0sfYppoc)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加